気楽に行こう

『アタック・ザ・ブロック』

イギリス映画。<突如飛来したエイリアンに、公営団地に住む少年少女たちが立ち向かう!>と聞いて、「面白そうだな」と楽しみにしていた。ロンドンの公営団地は貧困層が多く暮らしている。そのため、強盗やドラッグ関連の犯罪の根城になっており治安が悪い上、家庭不和という問題を抱えた子どもも多いと聞く。そのため、エイリアンが襲ってきても、警察も政府も、まともな対応をしない。それどころか、エイリアンと闘っているというのに悪者扱いされてしまう。まあ、日頃から素行不良な悪ガキたちが主人公だから、それも仕方が無いのだけれども。だから、悪ガキたちは自衛するしかない。